Lost and Found展 -This is My Letter to the World-


2017年9月17日(日)〜10月21日(土)

12:00-19:00(金・土は20:00まで)火曜日休館

at アキバタマビ21(アーツ千代田 3331 2F)

※トークイベント日時変更のお知らせ

14日(土)14:00~ 畑中章宏さん、中村寛さんの対談イベントを予定しておりましたが、

諸事情により、開催が難しくなりました。大変申し訳ありません。

内容を、出展作家たちによるトークイベントとして開催いたします。

この展示の背景には、出品作家たちが参加し、共同制作した冊子『Lost and Found』(vol.1〜4)があります。この冊子は、「同時代」をテーマに紡いだ言葉を持ち寄り、朗読し合うという作業を、約半年間にわたって繰り返すなかでうまれました。それは単に、文章の校正作業というよりも、各人が自分なりの「同時代」への応答を対話のなかで確認しあうことで、言葉と心身の化学反応が起こり、記憶や認識や感性が生成変化していく場でした。 非言語的表現に長けた者だからこそ、かえって言葉の磁場をするどく感じとり、既成の概念や言葉の文法から抜け落ちていくことがらに耳を澄まそうとするのだと思います。それでもあえて言葉にしなければこぼれてしまうことを描ききろうとするなかに、作家たちの世界への手紙を見いだすことができます。 展示のタイトルは、エミリー・ディキンソンの詩句から取りました。This is my letter to the world, / That never wrote to me, -- 作家たちからの世界への応答――言葉と造形作品が交差する空間で、その声はどのように届くのでしょうか。

『Lost and Found』とは... 文化人類学者の中村寛を発起人として、当時多摩美術大学夜間部に在籍していた平山みな美、吉國元、大沼彩子が執筆し、2013年に人間学工房より出版された。その後も、さまざまなバックグラウンドを持つ執筆者が参加した。2017年3月、vol.4刊行。

【出展作家】 吉國 元 Moto Yoshikuni 大沼 彩子 Ayako Onuma 小野 初美 Hatsumi Ono 池田 萌子 Moeko Ikeda 佐藤 優里咲 Yurie Sato 後藤 響子 Kyoko Goto 笹目 舞 Mai Sasame 安達 茉莉子 Mariko Adachi

【関連イベント】 9月17日(日)17:00〜 オープニングパーティー てろてのおもてなし料理付き 9月30日(土)16:00〜 ライブパフォーマンス ゲスト:大和田慧(シンガーソングライター)×出展作家

10月12日(木)18:30〜 トークイベント ゲスト:港千尋(写真家)× 平出隆(詩人)× 中村寛(文化人類学者)+出展作家 10月14日(土)14:00〜 トークイベント 出展作家によるアーティストトーク

※14日(土)14:00~畑中章宏さん、中村寛さんの対談イベントを予定しておりましたが、

諸事情により、開催が難しくなりました。大変申し訳ありません。

内容を、出展作家たちによるトークイベントとして開催いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

会期:2017年9月17日(日)〜10月21日(土) 時間:12:00-19:00(金・土は20:00まで) 火曜日休館 会場:アキバタマビ21(アーツ千代田 3331 2F)

アクセス: 銀座線末広町4番出口より1分 千代田線湯島駅6番出口より徒歩3分 大江戸線上野御徒町A1番出口より徒歩6分 JR御徒町南口より徒歩7分

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

copyright©2019 ningengakukobo. All rights reserved.